この道ひとすじ、50年以上の信頼と実績、
設備工事の事なら何でもお任せください。

業務内容
― 修理・メンテナンス ―

フロンガス充填・回収

2015年施行された「フロン排出抑制法」により、業務用の冷凍冷蔵機器や空調機器を所有(管理)している方は、『定期点検』などに取り組むことが義務付けられました。弊社では、作業効率の高いメンテナンスを行うために、常に、有資格者をペアにしてお客様のもとへ向かい、正確かつ丁寧にメンテナンスを行います。

フロン排出抑制法について(法令文より抜粋)

機器の所有者、ユーザーの責任が増加

(1)冷凍空調機器の簡易点検・定期点検の義務化

① 全ての機器を対象に、日常的に実施する簡易点検の実施(3ヵ月に1回以上)   
※専門業者がアドバイスをする。
② 下記の機器については、定期点検の義務化(専門家に依頼)
◎機種:エアコン ◎圧縮機電動機定格出力:7.5kW以上50kW未満 ◎定期点検頻度:3年に1回以上
◎機種:エアコン ◎圧縮機電動機定格出力:50kW以上  ◎定期点検頻度:1年に1回以上
◎機種:冷凍・冷蔵機器 ◎圧縮機電動機定格出力:7.5kW以上 ◎定期点検頻度:1年に1回以上
※一定規模以上の機器の定期点検は、「十分な知見を有する者」(専門知識を持ったもの)いわゆる「冷媒フロン類取扱技術者」などが実施する。

(2)漏えいを発見した場合には、速やかな漏えい箇所の特定及び修理を実施

※フロン類の漏えいが見つかった際、修理をしないでフロン類を充填するこ との原則禁止(繰り返し充填の原則禁止)
※適切な専門業者に修理、フロン類の充填を依頼

(3)機器の点検・修理やフロン類の充填・回収等の機器整備に関する履歴の記録・保存義務

① 適切な管理を行うため、機器の整備については、記録簿(ログブック)に履歴を記録し、記録簿は聞きを廃棄するまで保存しなければならない。  
② 適切な専門業者に整備を依頼し、整備の記録を記入。

(4)算定漏えい量の報告

① 1年間にフロン類をCO2換算値で1,000CO2-ton以上漏えいした事業者は国へ報告する義務
※漏えい量=充填量※×GWP(CO2換算値) ≧ 1,000CO2-ton 
※充填量=機器の整備時における(充填量-回収量)  

(5)機器を廃棄する際は、フロン類を回収しなければならない。  

① 第一種フロン類充填回収業者に依頼して、フロン類を回収した後、機器を廃棄する。
② 回収依頼の際は、行程管理票を交付しなければならない。
機器の所有者(管理者)は、今後、冷凍空調機器の適正な管理とフロン類の排出抑制に努めなければなりません。 そのため、日常的な簡易点検は、専門業者のアドバイスを受けながら所有者ご自身が行い、定期点検は、有資格者の専門業者に依頼して実施することが必要となります。

 

罰則
1)みだりにフロンを放出した場合(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)
2)上記(1)から(3)の判断の基準に違反した場合(50万円以下の罰金)
3)上記(4)の算定漏えい量の未報告、虚偽報告した場合(10万円以下の過料)
4)上記(5)の行程管理票の交付を怠った場合(50万円以下の罰金)
【東京都環境局フロン対策HP

フロン排出抑制法に係る冷暖房空調設備定期点検実績

冷媒フロン類取扱技術者(1種)の資格を保有するサービスエンジニアによるフロン排出抑制法に伴う定期点検受注実績が多数ありますので、当社へお任せ下さい。

フロン排出抑制法に係る保育園冷暖房空調設備定期点検業務委託

冷媒フロン充填・回収

整備に際して冷媒としてフロン類を充填、又は回収する必要があるときは、第一種フロン類充填回収業者に委託しなければなりません。
整備時充填、整備時回収の際には、第一種フロン類充填回収業者は充填証明書、回収証明書を交付します。

冷媒フロン充填・回収システムの流れ

冷媒フロン充填・回収はプロにお任せ下さい!

冷媒として使われるフロンは一部を除き高圧ガス保安法の規制対象ガスです。
安全に、しかも確実に回収するには、プロである
冷媒充填回収認定事業所にご相談下さい。
回収された冷媒は、各地の回収冷媒管理センターで引き取り再生、再利用するか否かを仕分けして処理します。
破壊の際は破壊証明書を発行します。

回収料金はこちらからご覧下さい

修理・メンテナンスメニューへ戻る

株式会社エアコンサービス
FACEBOOK

【所在地】
〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル1F
【連絡先】
TEL:03-3453-8171 / フリーコール:0800-888-2626
【FAX】
FAX:03-3453-8178
【E-mail】
madoguchi@airconservice.co.jp

■サービスエリア

関東全域中心でサービスをご提供しております。北海道から沖縄まで、工事をお引き受け

する場合もございますが、一度お電話にて、ご相談下さい。

■ACCESS

Copyright (C) 2003-2018 Aircon Service All Rights Reserved.

プライバシーポリシー